バイブル・エッセイ(860)希望を生み出す力

f:id:hiroshisj:20190616192128j:plain

希望を生み出す力

 わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(ローマ5:1-5)

「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」とパウロは言います。苦しみに耐える中で信仰が磨かれ、磨かれた信仰はわたしたちの心に希望を生むということでしょう。苦しみの中でわたしたちの心に宿るこの希望を、聖霊と呼んでもいいかもしれません。苦しみの中にあっても決して諦めず、祈り続けるとき、わたしたちの心に聖霊が宿るのです。
 これは、わたし自身、日々実感していることです。このところ、研修会や講演会の講師を頼まれることが多いのですが、その一つひとつが、わたしにとっては試練であり、多かれ少なかれ苦しみを伴います。先日も、福島県の大学の公開講座で、一般の方向けにお話をする機会がありました。いつもとは違う対象で、しかも高齢の方が多いということで、一体どんな話をしたらいいのか、「これは大変な仕事を引き受けてしまった」とずいぶん苦しみました。よくあることですが、そんなとき、わたしはあるところで諦めるようにしています。「もうわたしには無理です、神さま助けてください」と神様に下駄を預けてしまうのです。すると、不思議なことに、心の中に不思議な力が湧き上がってきます。今回も、その力に動かされてもう一度原稿を見直すと、よくないところ、余分なところが見えてきて、最後にはなんとかまとまった原稿が出来上がりました。結果として、皆さんにとても喜んでいただくことができたのです。
 これは、本などの原稿を書くときもまったく同じです。最初は、「何とかして気の利いた文章を書こう」「どうしたら売れるだろう」などと考えるのですが、途中で「そんなの絶対に無理だ」と気づきます。そして、神さまの手にすべてを委ねてしまうのです。すると、思いがけない気づきやアイディアが与えられ、何とか文章を書きあげることができます。苦しみの中で自分の無力さに打ちのめされ、すべてを神の手に委ねるとき、わたしたちの心に聖霊が宿ると言っていいでしょう。聖霊とは、希望を生み出す力であり、わたしたちを決して裏切ることのない希望そのものなのです。
 弟子たちの心に聖霊が宿ったプロセスも、きっと同じだろうと思います。イエスと一緒にいたとき、まだ弟子たちはイエスの言っていることの意味が分かりませんでした。まだ、自分たち自身の力を信じ、自分たちの思い通りにことを進めようという気持ちがあったからです。ですが、十字架の苦しみの中で自分たちの無力さを知り、神の手にすべてを委ねたとき、弟子たちの心に聖霊が宿りました。聖霊は、弟子たちに知恵と力を与え、あらゆる苦しみを乗り越えてゆく希望をもたらしたのです。
 苦しみの中で、イエスの言葉の本当の意味を解き明かす力、すなわち聖霊がやって来る。聖霊がやって来て、イエスの言葉の本当の意味を悟るとき、わたしたちの心は父なる神の愛で満たされる。それを、苦しみの三位一体と言ってもいいでしょう。「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」というパウロの言葉を支えに、苦しみの秘儀を生きてゆきたいと思います。

バイブル・エッセイ(859)三位一体の救い

f:id:hiroshisj:20190609201232j:plain

三位一体の救い

「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである。わたしは、あなたがたといたときに、これらのことを話した。しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」(ヨハネ14:15-16、23b-26)

「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む」とイエスは言います。イエスの言葉を受け入れ、それに従うとき、わたしたちの心を父なる神の愛が満たすと言っていいでしょう。父と子は、その意味で一つなのです。では、今日祝う聖霊とはなんでしょう。聖霊とは、イエスの言葉をわたしたちに思い起こさせ、心に深く沁み込ませてくださる方、父なる神の愛でわたしたちの心を満たしてくださる方だとわたしは思います。
 このような父、子、聖霊、三位一体の救いの神秘を、わたしたちは日々体験しています。たとえば、わたしは仕事が忙しくて疲れが溜まり始めると、つい愚痴を言い始めます。「わたしはこんなにして上げたのに、相手は何もしてくれない」とか、「どうしてわたしばかりこんなに忙しいんだ」と周りの人たちを責め始めるのです。疲れが溜まると、相手を思いやるゆとりを失い、エゴが肥大化すると言ってもいいかしもれません。そんなときにふと、「いや、相手だって精一杯にやってくれているんだ。このような仕事をさせてもらっただけでも感謝すべきではないだろうか」という気持ちが湧き上がって来ることがあります。これが、聖霊の働きだとわたしは思います。
 聖霊が働くと、「互いにゆるし合いなさい、愛し合いなさい」と言われたイエスの言葉が思い出され、「こんなことではいけない」と思って相手に感謝する気持ちが生まれてきます。すると、それまで心を満たしていた怒りや憎しみは消え去り、心を愛が満たしてゆくのです。父なる神の愛が心に注がれ、心を満たすと言ってもいいでしょう。こうしてわたしは、エゴへの従属から解放され、「神の子」としての平和を取り戻すのです。
 心が神の愛で満たされるとき、わたしたちの口からは喜びの言葉があふれ出します。そして、自分自身が体験した救い、闇からの解放の体験を、誰かに語らずにはいられなくなるのです。心を満たした愛が、わたしたちをつき動かすと言ってもいいでしょう。聖霊降臨によってイエスの言葉を深く悟り、父なる神の愛で心を満たされた弟子たちは、愛に突き動かされて地の果てまで出かけて行ったのです。
 父、子、聖霊は、こうして三位一体となってわたしたちを救ってくださいます。三位一体というと理解しがたい謎のように思われがちですが、わたしたちは日々、三位一体の神秘の中に生かされているのです。教会を生かしているのは、三位一体の神秘に他ならないのです。イエスの言葉を深く悟り、父なる神の愛で心を満たしていただくために、三位一体の神秘の中で教会をさらに力強く成長させてゆくために、まず、心を開いて聖霊をお迎えすることができるよう祈りましょう。

バイブル・エッセイ(858)心を引き継ぐ

f:id:hiroshisj:20190602190244j:plain

心を引き継ぐ 

 使徒たちは集まって、「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」と尋ねた。イエスは言われた。「父が御自分の権威をもってお定めになった時や時期は、あなたがたの知るところではない。あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。すると、白い服を着た二人の人がそばに立って、言った。「ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」使徒1:6-11

「イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった」と聖書は伝えています。復活し、永遠の命に生まれ変わったイエスですから、そのまま弟子たちと共に、教会と共に永遠に地上にとどまり続けることもできたでしょう。ですが、イエスはあえて天に帰り、弟子たちの前から姿を消しました。それは、なぜでしょう。
 昇天ということで、わたしが思い浮かべるのは、火葬場から昇ってゆく白い煙です。わたしたちは、イエスのように昇天することはありませんが、死んだ後、焼かれて煙となり、天に昇ってゆくのです。先日も、ある若者が病気で亡くなり、葬儀をして火葬場まで見送りました。彼が亡くなったことは大きな悲しみでしたが、その死に寄り添った友人たちからは、「これからは、〇〇君の分もぼくたちが頑張って生きる」という言葉が口々に聞かれました。天国の彼に恥ずかしくないような生き方、彼の友人としてふさわしい生き方をしてゆきたいということでしょう。亡くなった若者は、とても心が優しく、家族や友人のことを自分のことより先に考える人でした。友人たちも、彼の思いを心にしっかり受け止め、彼に倣って心の優しい人になってゆくことだろうと思います。彼はいなくなりましたが、彼の心は、ご家族や友人たちの中によみがえり、しっかりと引き継がれたのです。
 イエスの昇天にも、同じような意味があったのではないかと思います。イエスが昇天した後、聖霊が降ると、イエスの弟子として地の果てにまで出かけてゆきました。イエスの姿が見えなくなったことによって、彼らの心に「イエスの弟子として恥じない生き方をしよう」という思いと、その思いを実現するための力が宿ったのです。彼らの心に、イエスの命が宿ったと言ってもいいかもしれません。イエスの思いは、すべての弟子たちの中によみがえり、引き継がれたのです。
 それは、弟子たちの一人ひとりが、「神の愛の目に見えるしるし」になるということでもあります。もしイエスが昇天しなければ、「神の愛の目に見えるしるし」はいつまでもイエス一人だったかもしれません。弟子たちは、いつまでも目に見えるイエスに頼り続け、そのそばを離れられなかったことでしょう。ですが、イエスの姿が見えなくなったとき、弟子たち一人ひとりの心にイエスの霊が宿り、「神の愛の目に見えるしるし」として生きる決意が芽生えました。神の愛を生きる、「神の愛の目に見えるしるし」として生きようとする人が、たった一人から、何千人、何万にまで増えたのです。
 昇天から聖霊降臨という一連の典礼の中で、わたしたちの心にも同じことが起こります。イエスとつながっていなければ何もできないわたしたちですが、いつまでもイエスに頼るだけではいけないのです。イエスから頂いた恵みをしっかりと心に刻み、わたしたち一人ひとりがこの地上で「神の愛の目に見えるしるし」となってゆけるように、ご一緒に祈りましょう。

【新刊】『ぬくもりの記憶』のご案内

f:id:hiroshisj:20190601211134j:plain

愛は心に降り積もる

 故郷の風景、キリスト教との出会い、神父になるまでの道のり、暮らしの中でのささやかな喜びー懐かしい日々の思い出を呼び覚ます、珠玉のエッセイ集『ぬくもりの記憶』。6月下旬発売。教文館刊、定価1,000円(税別)。

※現在、全国の書店で予約受付中。通販でも予約を受け付けています。

Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4764264633/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_GsM8CbQNWKD53

楽天

https://books.rakuten.co.jp/rb/15938048/?l-id=search-c-item-text-01

イーショップ教文館

https://shop-kyobunkwan.com/4764264633.html

バイブル・エッセイ(857)キリストの平和

f:id:hiroshisj:20190526214357j:plain

キリストの平和

「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである。わたしは、あなたがたといたときに、これらのことを話した。しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。『わたしは去って行くが、また、あなたがたのところへ戻って来る』と言ったのをあなたがたは聞いた。わたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるはずだ。父はわたしよりも偉大な方だからである。事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく。」(ヨハネ14:23-29)

「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える」とイエスは弟子たちに約束しますが、但し「わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない」と言います。「世が与える平和」とは、力と力の均衡によって生み出される平和、力で相手を従わせることによって生まれる平和でしょう。キリストが与える平和は、そのようなものではありません。キリストが与える平和とは、「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る」とイエスが言うように、謙虚な心で神を愛し、神の言葉に従って生きる人々の間に生まれる平和。互いへの愛に基づく平和なのです。
 一緒に暮らしている80代の神父たちを見ていると、その平和が具体的にどのようなものかがわかります。たとえば、彼らは決して人の悪口を言いません。誰かが悪口を言い始めても決して同調せず、むしろ「まあ、でもあの人にもこんないいところがある」と言ってかばおうとします。それはおそらく、これまでの人生経験の中から、人間がどれだけ弱い存在であるかをよく知っているからでしょう。弱い人間同士、互いの弱さを暴き立てたところでどうにもならない。むしろ、弱い人間同士、互いのよさを認め合い、支え合いながらいきてゆくのが一番いいとわかっているのだと思います。自分自身が神からゆるされてきたことを知り、そのことを神に感謝して生きる人は、「互いにゆるしあいなさい」という神の言葉を当然のように守る、と言ってもいいでしょう。
 彼らは、衣食住などについて不平不満を言うことがありません。与えられたものに感謝し、すっかり満足しているように見えます。歳をとって欲がなくなったということだけではないでしょう。ある神父さんはよく、「お金や名誉をどんなに手に入れても、もっと欲しくなるだけだ」と言います。彼らはおそらく、長い人生経験の中から、たくさんのものを求めても心が満たされることはない。むしろ、大切なのは感謝する心だと知っているのだと思います。何かを独り占めにしようとすることもありません。すべてを与えてくださる神に感謝し、必要な人がいれば、何でも喜んで分かち合います。自分がどれだけ神から与えられているかを知り、それに感謝して生きる人は、「互いに愛し合いなさい」という神の言葉を当然のように守る、と言ってもいいでしょう。
 彼らは、聖霊に守られて生きていると言ってもいいでしょう。自分がゆるされていることを忘れず、それに感謝する謙虚な心、与えられていることを忘れず、それに感謝する謙虚な心に聖霊が宿ります。そして、その人をゆるしと愛の業に導くのです。謙虚な心で聖霊を迎え、キリストの平和を生きることができるように祈りましょう。

 

バイブル・エッセイ(856)弟子の証

f:id:hiroshisj:20190519182837j:plain

弟子の証

 さて、ユダが(晩餐の広間から)出て行くと、イエスは言われた。「今や、人の子は栄光を受けた。神も人の子によって栄光をお受けになった。神が人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も御自身によって人の子に栄光をお与えになる。しかも、すぐにお与えになる。あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」(ヨハネ13:31-33a、34-35)

「互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる」と、イエスは弟子たちに言い残しました。この世界のどこでも見たことがない、兄弟姉妹のために自分の命を差し出すほどの愛、互いに足を洗い合い、七の七十倍までもゆるし合うような愛を人々がわたしたちの中に見るならば、そのことによって、人々はわたしたちが特別な掟、イエス・キリストによって伝えられた神の掟を生きる神の民であることを知るだろうということです。
 口先でどんなに調子のいいことを言っても、それだけでわたしたちがイエス・キリストの弟子、神の民だということを相手に納得させることはできないでしょう。フランシスコ教皇は「わたしはキリストと出会いました。だから、こんな生き方をしているのです」という以外に、キリスト教徒の証はないとさえ言っています。口先でどんなに「わたしたちは救い主と出会って救われた」と言っても、あまり証にはならない。わたしたちと出会った人が、「この人は、いつも穏やかな笑顔を浮かべている。この人が人の悪口を言っているのを見たことがない」「この人は、どんなときでもわたしの話にしっかり耳を傾け、優しく励ましてくれる。一体この人はどういう人なのだろう」などと思うならば、それこそがわたしたちがキリスト教徒であることの何よりの証だということです。「こんな生き方が出来るなんて、この人はよほど特別な出会いを体験したのかもしれない」「この人が、救い主と出会ったと言うのも、まったくの嘘ではないかもしれない」と相手が思わずにいられないほど、わたしたちの生き方が変えられていること。それこそが、イエス・キリストが救い主であるということの、何よりの証拠、生きた証拠になるのです。
 キリスト教徒一人ひとりだけでなく、教会そのものにもこのことが当てはまるでしょう。もし教会に集まっているわたしたちが、イエス・キリストが残した愛の掟ではなく、「弱肉強食の掟」や「『目には目を、歯には歯を』の掟」に従って生きているなら、それを見た人たちは、「何だ、外の世界と一緒じゃないか」と思うでしょう。そのような社会にあって、相手の悪い所を暴くより、よい所をみつけて互いに認め合い、助け合って生きている人たちに出会ったときにだけ、この世の掟ではなく、愛の掟にしたがっ生きている人たちに出会ったときにだけ、人々は「何だろう、この人たちは」と思い、「この人たちは、イエス・キリストと呼ばれる救い主に出会ったに違いない」と信じてくれるのです。言葉だけでなく、わたしたち一人ひとりの生き方によって、互いに受け入れ合い、助け合って生きる共同体の証によって、イエス・キリストを伝えてゆくことができるよう祈りましょう。

バイブル・エッセイ(855)聞き分ける

f:id:hiroshisj:20190512220351j:plain

聞き分ける

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。わたしと父とは一つである。」(ヨハネ10:27-30)

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける」とイエスは言います。「聞き分ける」というのはとても大切な言葉で、キリスト教の世界では「識別」という表現がよく使われます。聞こえてきた声が、キリストの声なのか、それとも、欲望に引きずられ、感情にかき乱された自分自身の声なのかをしっかり聞き分け、ただキリストの声だけに従って歩んでゆく。しっかり識別をしながら歩んでゆくことで、わたしたちは命の水辺に行くことができるのです。
 道に迷ったとき、人生の岐路で選択に迷ったときに、まず聞こえてくるのは、「どちらに行くのが安全だろうか。自分にとって得だろうか」と損得勘定をする自分の声でしょう。あるときは、Aの道の方がよく見えます。そちらの方が大きな利益や名誉をもたらしてくれるように思えるからです。ですが、あるときにはBの道の方がよさそうに見えるときもあります。そちらの方が、利益は少ないけれど安全に見えるからです。こうして、「Aの方がいいぞ」「でも、Bもなかなかのものだぞ」と呼びかける声、自分自身の損得勘定の声に耳を傾けているうちに、わたしたちはすっかり迷子になってしまいます。
 ときには、「自分さえよければいい。他の誰かを利用してもかまわない」「ばれさえしなければ大丈夫」というような声が混じるときさえあります。これはもう、悪魔の誘惑と言っていいでしょう。悪魔の誘惑は、とても甘くささやきかけますが、これに従ってしまえば、待っているのは苦しみと破滅だけです。
 キリストの声は、それらの声を黙らせたときに、心の奥深くから響いてくる静かな声です。自分自身の利害損得を手放し、誘惑をきっぱり退けて、心を静かにしたときに心の奥深くから聞こえてくる声。それこそが、キリストの声なのです。キリストの声の第一の特徴は、その静かさだと言っていいでしょう。心の表面に鳴り響く、欲望や感情の大きな声ではなく、心の奥深くから聞こえてくる静かな声に耳を傾ける。まず、それが不可欠です。
 キリストの声の第二の特徴は、愛情に満たされたやさしさや温もりです。キリストの声は、わたしたちを優しく包み込み、心に安らぎを与えてくれる声なのです。その声に耳を傾けるとき、心に喜びと安らぎが広がり、力が湧き上がるのを感じたならば、それはキリストの声だと思ってほぼ間違いないでしょう。
 キリストの声に耳を傾けているとき、わたしたちの心の奥深くから湧き上がって来る喜びや力、安らぎ。それを、「命の水」と呼んでもいいかもしれません。キリストの静かな声を聞き分け、その声に導かれて心の奥深くに降り立つとき、わたしたちはそこに「命の水」が滾々と湧き出す泉を見つけるのです。命の水は、わたしたちの心の渇きを満たし、不安や恐れを取り去ってくれます。疲れを癒し、再び立ち上がるための力を与えてくれます。どんなときでも、キリストの声を聞き分けることができるように、その声の特徴を心にしっかり刻みましょう。