バイブル・エッセイ(829)恐れる必要はない

f:id:hiroshisj:20181118134646j:plain

恐れる必要はない

「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。」(マルコ13:24-32)

 世の終わりに起こるとされる天変地異について話したあとで、イエスは「これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」と人々に語りかけます。イエスの強調点は、①たとえ世界が滅びても、イエスの言葉、神様の愛は決して滅びないから恐れる必要がないということ。そして、②天変地異が起こっても、それは世の終わりではなく、むしろ新しい世界の始まりでありなのだから、希望を捨ててはいけないということです。
 世界の終わりが語られるとき、わたしたちの心に恐れや絶望が生まれます。「財産を失ったらどうしよう、命を奪われたらどうしよう」と考えて悩んだり、「どうせすべてが終わるんだから、もう何をしても仕方がない」と考えて諦めたりしてしまいがちなのです。ですが、イエスは恐れる必要も、絶望する必要もないことをわたしたちにはっきり証します。恐れる必要はまったくありません。なぜなら、たとえすべてが滅びたとしても、神様の愛が滅びることは決してないからです。神様の愛を信頼し、神様の愛を土台として生きている限り、何も心配する必要などないのです。絶望する必要もありません。なぜなら、終末の時こそ、すべてが新たにされる時だからです。むしろ、終末が近づけば近づくほど、わたしたちは未来に希望を持つことができます。終末が近いということは、イエスがもうすぐやって来るということに他ならないからです。地震や台風が続いたり、不気味な気象現象が起こったり、世界の情勢が不安定になったりしても、恐れに駆られたり、絶望したりする必要はないのです。むしろ、どんなことが起こっても動揺せず、確かな希望を抱いて前向きに生きることによって神様の愛を証することこそが、わたしたちの使命と言えるでしょう。
 これは、天地が滅びるような、いわゆる「世の終わり」についてだけでなく、わたしたち一人ひとりにやって来る終わり、すなわち死についても言えることです。肉体の死は、わたしたち一人ひとりにとって、まさに天地が崩れ去る出来事であり、「世の終わり」とも思えます。ですが、恐れる必要も、絶望する必要もないのです。もし心臓が止まり、目は閉じ、耳は聞こえなくなり、呼吸さえ出来なくなったとしても、わたしたちは闇の中に落ちてゆくわけではありません。神様の愛にしっかり抱き留められ、天の国へと運ばれてゆくだけです。すべてが終わってしまうわけでもありません。わたしたちには、天国での永遠の安らぎが待っているのです。
 イエスは一貫して、恐れる必要も、絶望する必要もないことを説き続けます。世の終わりも、肉体の終わりである死もまったく恐れず、希望をもって前向きに生きる姿によって、神様の愛を証することができるように祈りましょう。

バイブル・エッセイ(828)すべてを差し出す

f:id:hiroshisj:20181111210313j:plain

すべてを差し出す

イエスは賽銭箱の向かいに座って、群衆がそれに金を入れる様子を見ておられた。大勢の金持ちがたくさん入れていた。ところが、一人の貧しいやもめが来て、レプトン銅貨二枚、すなわち一クァドランスを入れた。イエスは、弟子たちを呼び寄せて言われた。「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。皆は有り余る中から入れたが、この人は、乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたからである。」(マルコ12:41-44)

貧しいやもめの方が、金持ちたちよりも賽銭箱にたくさん入れたとイエスは言います。「皆は有り余る中から入れたが、この人は、乏しい中から自分の持っている物をすべて入れたから」というのです。やもめがたくさん入れたもの、それは神さまへの愛だと言っていいでしょう。やもめは賽銭箱に、自分のすべてを差し出すほどの愛を入れたのです。
問われているのは、神さまのためにどれだけ自分を差し出したか、神様をどれだけ愛したかということです。たとえば、災害の被災者たちが苦しんでいるという話を聞いた子どもが、お菓子を買おうと思って持っていた自分のわずかなお小遣いをすべて募金箱にいれるなら、たとえわずかな金額であっても込められた愛は限りなく大きいのです。教会のミサに行くということでも、家事や子育て、介護などに追われる日々の中で、わずかにできた時間でミサに行くということであれば、たとえ数時間のことであったとしても、そこに込められた愛は限りなく大きいと言えるでしょう。
神さまに自分を差し出す場所は、教会に限りません。自分を神様に捧げる、時間を神様に捧げるということは日常生活の中でどこでも、いつでもできることです。たとえば家族からひどいことを言われ、プライドが傷つけられたときに、「このプライドは、あなたにお捧げします」と言って怒りをぐっとこらえる。それは、神さまに自分を差し出すということでしょう。家族や友だちを愛するために、自分のプライドを捨てるということは、神さまの賽銭箱に愛を入れるということなのです。誰か苦しんでいる人から助けを求められたとき、「この忙しいときに、なんで来るんだ」などと思わず、他のことを脇に置いてもその人のために時間を割く。そのようなことによっても、わたしたちは自分をお捧げすることができます。苦しんでいる誰かのために惜しみなく時間を使うということは、神さまの賽銭箱に愛を入れるということに他ならないのです。
 神さまを愛すれば愛するほど、わたしたちは神さまの愛によって豊かに満たされてゆきます。神さまを愛するとは、あふれんばかりに降り注ぐ神さまの愛を、わたしたちがしっかり受け止めるということなのです。神さまのために自分を差し出すとき、空っぽになったわたしたちの心を、神さまの愛が豊かに満たす。そう言ってもいいかもしれません。神さまの愛が尽きることはありませんから、差し出せば差し出すほど、わたしたちは豊かになってゆくのです。
よく、「損して得とれ」という言い方をしますが、キリスト教徒の生き方はまさにこれです。自分を差し出せば差し出すほど、わたしたちは神さまの愛で心を満たされ、幸せになってゆくのです。ほんの一部ではなく、すべてを差し出すことができるように、差し出すことによってより豊かにしていただけるように祈りましょう。

 

【熊本地震復興支援from宇部・小野田14〜瓦そばパーティー】

熊本地震復興支援from宇部・小野田14〜瓦そばパーティー

11月2〜3日の2日間、熊本地震の被災者の皆さんを熊本YMCA阿蘇キャンプにお招きし、山口県の名物瓦そばとフグの唐揚げの食事会を行いました。写真でご報告します。

2日の晩と3日の昼の2回行われた食事会。2日の晩は、阿蘇市車帰地区や的石地区の皆さんをお招きしました。「道の駅」の理事長さん率いるバンド「的石オルディーズ」の演奏もあり、とても楽しいひと時になりました。

3日昼の食事会には、益城町の木山仮設住宅と御船町の木倉仮設住宅から40人ほどの被災者の皆さんが参加してくださいました。今回で4回目となる熊本YMCA阿蘇キャンプでの復興支援食事会。カトリック宇部・小野田協働体からは15名の信徒が参加し、料理の腕を振るいました。

今回の料理のメインとなった瓦そば。茶そばを鉄板で焼き、その上に錦糸卵や牛肉、ネギ、海苔などをたっぷり乗せた、山口県の名物料理です。

こちらも山口県の名物、フグの唐揚げ。皆さんとても喜んでくださいました。

食事会が終わった後、熊本YMCAの皆さんと囲炉裏を囲んで懇親会。こちらも盛り上がりました。

ちょうど見頃を迎えた、阿蘇キャンプの紅葉。参加者の皆さんには、食事だけでなく紅葉も楽しんでいただくことができました。

美しく色づいたモミジの古木。「錦秋」という言葉を思い出させてくれる、鮮やかな色彩です。

外輪山から眺めた阿蘇の山々。さわやかな秋の風に、ススキがたなびいていました。

帰り道に立ち寄った菊池渓谷。震災の発生から2年半あまりが過ぎ、ほとんど報道されなくなった熊本地震の被災地ですが、現在も2万人以上の方々が仮設住宅での生活を強いられています。まもなくやって来る3度目の冬を、皆さんが元気に乗り切るとができるよう心から祈りつつ、今後も支援活動を続けてゆきたいと思います。

【宗教の時間】


【宗教の時間】
11月4日(日)の朝にNHKラジオ第2で放送された『宗教の時間』が「らじる★らじる」にアップされました。内容/マザーとの出会いを通して神父の道に導かれるまでの心の葛藤、マザーの施設における医療の問題、マザーの味わった「霊的な闇」などについて。12月31日まで公開中。どうぞお聞きください⇒https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0424_01

バイブル・エッセイ(827)神を愛する


神を愛する
(そのとき、一人の律法学者が進み出て、イエスに尋ねた。)「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」イエスは律法学者が適切な答えをしたのを見て、「あなたは、神の国から遠くない」と言われた。もはや、あえて質問する者はなかった。(マルコ12:28-34)
「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」とイエスは言います。これこそが第一の掟、他のすべてをおいても、真っ先に実行すべきことだというのです。ですが、これはある意味でとても難しいことです。なぜなら、神さまは目に見えないからです。
 どうしたら、目に見えない神さまを愛することができるのでしょうか。そのためには、まず神さまがどれだけわたしたちを愛してくださっているかに気づくことだと思います。神さまの愛は、わたしたちの身の回りに、はっきりと目に見える形で示されています。例えば、いまの季節であれば赤や黄色に色づいた木々、道端に咲くコスモスなどの美しさは、神さまがわたしたちをどれだけ愛してくださっているかのはっきりした証拠です。神さまは、わたしたち人間のために、これほどまでに美しい世界を造ってくださったのです。
 自然だけではありません。わたしたち自身の命も、神さまが造ってくださったものです。今日、こうして生きていられること、食事がおいしくとれること、自分の足であるけること、すべては神さまがわたしたちに与えてくださった贈り物であり、神さまがわたしたちを愛してくださっていることの何よりの証拠なのです。家族や友人に囲まれ、楽しく毎日を過ごせることも、神さまがわたしたち一人ひとりを守り、愛で導いてくださっているからに他なりません。
 神さまがわたしたちをどれだけ愛してくださっているかに気づくとき、わたしたちは神さまを愛さずにいられなくなります。わたしたちを愛してくださる神さまに、心から感謝の祈りを捧げずにいられなくなるのです。感謝の祈りを捧げるとき、わたしたちの心は神さまの愛で豊かに満たされます。すると、不思議なことが起こります。心を満たした神さまの愛が、自然とわたしたちからあふれ出すのです。たとえば、誰かと出会ったとき、自然とにこやかな笑顔で挨拶できるようになります。貧しい人、苦しんでいる人を見ると、その人のために何かしてあげずにはいられないという気持ちになります。こうして、第一の掟を守る人は、自然と「隣人を自分のように愛しなさい」という第二の掟も実行できるようになるのです。
 昨日まで2日間、阿蘇YMCAで熊本地震被災者の皆さんのための食事会をしましたが、そこにボランティアとして参加した信徒の皆さんの顔も、喜びで輝いていました。誰も強いられて、いやいややっているという顔をしている人はいませんでした。それは、皆さんの心が神さまの愛で満たされているしるし、皆さんが神さまを愛していることの何よりのしるしなのです。神さまからの恵みに満たされて、その恵みを出会うすべての人と分かち合えるように。そのことによって、神さまの愛を人々に証し、伝えてゆけるように、心を合わせて祈りましょう。

バイブル・エッセイ(826)願うべきこと


願うべきこと
 一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と言い始めた。多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。イエスは立ち止まって、「あの男を呼んで来なさい」と言われた。人々は盲人を呼んで言った。「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。」盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。(マルコ10:46-52)
 躍り上がって喜ぶ盲人に、イエスは「何をしてほしいのか」と尋ねました。これはちょっと意外な質問にも思えますが、ある意味で当たり前かもしれません。この盲人は物乞いをしていた人ですから、「お金をください」とイエスに願ったとしてもおかしくなかったのです。ですが、この盲人は、自分にとっての本当の問題が、お金がないことではなく、目が見えていないことだとよく知っていました。だからこそ、自分にとって一番必要なことをすぐに願うことができたのです。わたしたちは、自分にとって一番必要なことがわかっているでしょうか。イエスから「何をしてほしいのか」と尋ねられたとき、すぐに答えることができるでしょうか。
 たとえば、遺産相続のことで家族ともめ、悩んでいる人がいたとしましょう。その人がイエスの前に立って、「わたしにとって有利な相続ができるように、家族を回心させてください」と願ったなら、それはまるで、目の見えない人が「お金をください」とイエスに願うようなものです。その人が本当に願うべきなのは、お金のことに執着し、家族のことが考えられなくなっている自分の目を開いてくださいということなのです。もし目が開かれ、家族への思いやりを取り戻したならば、遺産相続の問題は円満に解決され、その人は財産だけでなく家族との絆も守ることができるでしょう。
 友達とのトラブルでも同じです。「あの人がわたしの意見を認めるように、あの人を謙虚にしてください」と願っても、あまり意味がありません。エスに願うべきなのは、相手の意見を認められない頑ななわたしの心を回心させ、相手とよく話し合って一番よい道を見つけられますようにということなのです。
 このように考えて来ると、わたしたち自身にとっても、真っ先にイエスに願うべきことは「わたしの目を開いてください」ということなのではないかと思えてきます。自分は色々なことがよく見えていると思い込んでいるだけで、実際には見えていないことが、わたしたちにはあまりにも多いのです。わたしたちにとって一番必要なのは、目先の利害にとらわれて自分のことしか考えられなくなり、固く閉ざされた心の目が開かれることだと言っていいかもしれません。心の目が開かれさえすれば、わたしたちは自分にとって一番大切なことが何かを見分け、一番必要なことをイエスに願えるようになるでしょう。まずはこの盲人と心を合わせ、心の目が開かれる恵みをイエスに願いましょう。

バイブル・エッセイ(825)本当の知恵


本当の知恵
 エスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」イエスは言われた。「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はだれもいない。『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。」すると彼は、「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言った。イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」その人はこの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。(マルコ10:17-22)
「あなたに欠けているものが一つある」と、イエスは話しかけてきたこの人、おそらく若者に声をかけしまた。「行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい」というのです。永遠の命を受け継ぎたいと願うこの人に欠けていたもの、それは隣人を愛するということだったのです。隣人を愛さないなら、それは神のみ旨に反することですから、神をも愛していないことになります。たくさんの律法を守ってきたこの人は、それらの中で最も大切な「神を愛し、隣人を愛する」という掟を守っていなかったのです。欠けているものはたった一つでしたが、永遠の命を受け継ぐために最も重要な一つが欠けていた。それが、この人の不幸だと言っていいでしょう。
「わたしは知恵を王笏や王座よりも尊び、知恵に比べれば、富も無に等しいと思った」と知恵の書は言っています。恐れや不安から解放され、神様の愛の中で幸せに生きていくためには知恵が不可欠。知恵なしに富や名誉、権力を手に入れれば、自ら不幸を招くだけだということでしょう。今日の福音がわたしたちに教えてくれる知恵。それは、分かち合うことだと思います。どれほどたくさんの富を手に入れたとしても、それを分かち合わないなら、決して永遠の命を受け継ぐことはできないのです。
 わたしたちは、何かをしようとするとき、つい「自分にとってこれは得だろうか、損だろうか」と考えてしまいがちです。損得を素早く見分け、得なことはするが、損なことはしないというのが、生きていく上での「知恵」になってしまっていることが多いのです。ですが、この「知恵」にしたがって生きていくと、最後に大変なことになります。自分のためにため込んだすべての富、名誉、権力などは死によって奪い取られてしまうからです。最後に何も残らないとすれば、人生そのものを損したことになるでしょう。素早い損得勘定を「知恵」と思い込んでいると、得をしたつもりで、最後に大損をする。賢いつもりで生きてきた自分が、実は最も愚かだったことに気づくのです。
 本当の知恵は、分かち合うことの中にあります。分かち合うことによって家族や隣人とのあいだに結ばれた愛の絆、神さまとの間に結ばれた愛の絆は、死でさえ奪うことができません。死の床についたとき、誰か一人でも最後まで付き添ってくれる人がいるなら、あるいは、すべての人に見捨てられたとしても、神さまだけは見捨てないと確信できるほど強い絆が神さまとの間に結ばれているなら、その人は幸いです。全体を見たとき最後に得をするのは、分かち合った人だと言っていいでしょう。
 目先の利害損得にとらわれず、分かち合う知恵を持ちたいと思います。神さまがわたしたちに求めておられるのは、ため込むことではなく分かち合うこと。自分だけの幸せを願うことではなく、みんなの幸せを願うことなのです。