バイブル・エッセイ(1033)イエスと同じ愛を生きる

イエスと同じ愛を生きる

 イエスは、天に上げられる時期が近づくと、エルサレムに向かう決意を固められた。そして、先に使いの者を出された。彼らは行って、イエスのために準備しようと、サマリア人の村に入った。しかし、村人はイエスを歓迎しなかった。イエスがエルサレムを目指して進んでおられたからである。弟子のヤコブとヨハネはそれを見て、「主よ、お望みなら、天から火を降らせて、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言った。イエスは振り向いて二人を戒められた。そして、一行は別の村に行った。一行が道を進んで行くと、イエスに対して、「あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります」と言う人がいた。イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」そして別の人に、「わたしに従いなさい」と言われたが、その人は、「主よ、まず、父を葬りに行かせてください」と言った。イエスは言われた。「死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい。あなたは行って、神の国を言い広めなさい。」また、別の人も言った。「主よ、あなたに従います。しかし、まず家族にいとまごいに行かせてください。」イエスはその人に、「鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない」と言われた。(ルカ9:51-62)

 イエスに従うと決心しながら「まず家族にいとまごいに行かせてください」と言う人に、イエスは「鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない」と語りかけました。ちょっと厳しすぎるような気もしますが、イエスが言いたかったのはきっと、「わたしに従うと決めたなら、わたしのそばを決して離れてはいけない」ということでしょう。人間の心は不確かで、ほんのわずかでも離れれば、せっかくの決心が台無しになってしまうかもしれない。イエスは、そのことがよく分かっていたのです。

 イエスの言葉は、「しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません」というパウロの言葉と深く響き合っているように思います。人間の中には、イエスに従って愛に身を捧げたいと願う霊の思いと、自分の思った通りに生きて欲望を満たしたいと願う肉の思いがせめぎあっており、せっかくイエスに従う決心をしても、簡単に肉の思いに引き戻されてしまう。イエスのもとを離れれば、たちまち欲望の鎖にしばられて奴隷に戻ってしまうほど弱い存在だということを、パウロは身に沁みてよく知っていたのです。

 もし「わたしはイエスに生涯従います」と一度固く決心すれば、もう二度と誘惑にあうことも、罪に逆戻りすることもないということなら、どんなによかったかと思います。しかし、人間の心はそのようにはできていません。ちょっとでも油断すれば、誘惑に負けてイエスの教えを忘れ、罪を犯してしまうほど弱い存在なのです。しかし、それは、神が人間を見捨てたということではありません。イエスから離れれば誘惑にあい、罪を犯してしまうということは、逆に言えば、イエスのそばにいる限り、どんな誘惑が来ても恐れる必要はない。イエスの愛にとどまり続ける限り、どんな悪もわたしたちに手を出すことはできないということだからです。

 ここにわたしたちの救いがあります。イエスの愛にとどまり、貧しい人々、社会の片隅に追いやられて助けを待ち望んでいる人々のもとに福音を届けたいという情熱に燃えている限り、わたしたちは肉の思いに引き戻され、罪に陥ることはないのです。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない」とイエスは言いますが、それでも「福音宣教のためならば、苦しんでいる人々のもとに神の愛とどけるためならば、何の問題もありません。あなたの後にどこまでもついて行きます」と言える信仰を持っているなら、どんな誘惑もわたしたちを罪の奴隷に引き戻すことはできないのです。

 イエスのそばにいるとは、イエスと同じ愛に燃え、福音宣教の道を歩むということに他なりません。「イエスはいま、誰に福音を伝えたいだろうか。誰のもとに愛を運ぼうとしておられるのか」と問い、イエスと同じ愛を生きることができるように。イエスの後に従い、「神の国」へと続く道を共に歩み続けることができるように、聖霊の助けを願って祈りましょう。

youtu.be

 

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

【新刊】『何を信じて生きるのか』(PHP研究所)

人生丸めて捨ててしまいたくなったとき、SNSのタイムラインから流れてきたツイートは...。

片柳神父の最新刊『信じて生きるの』(PHP研究所刊)、7月23日発売が決定しました。物語の舞台はカトリック宇部教会。青年と神父との対話の中で、キリスト教信仰の核にあるものが明らかにされていきます。姜尚中氏推薦。ただいまAmazonや楽天ブックスなどで予約受付中です!

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(121)偉くなっても

偉くなっても

どんなに偉くなっても思い上がらない人。
目の前にいる相手と、
誠実に向かい合うことができる人。
小さなことにも、
全力で取り組むことができる人。
どんなに偉くなっても、
他人を見下してもよいほど
偉い人などいないのです。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ121「偉くなっても」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ121「偉くなっても」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1032)たとえわずかでも

たとえわずかでも

 そのとき、イエスは群衆に神の国について語り、治療の必要な人々をいやしておられた。日が傾きかけたので、十二人はそばに来てイエスに言った。「群衆を解散させてください。そうすれば、周りの村や里へ行って宿をとり、食べ物を見つけるでしょう。わたしたちはこんな人里離れた所にいるのです。」しかし、イエスは言われた。「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」彼らは言った。「わたしたちにはパン五つと魚二匹しかありません、このすべての人々のために、わたしたちが食べ物を買いに行かないかぎり。」というのは、男が五千人ほどいたからである。イエスは弟子たちに、「人々を五十人ぐらいずつ組にして座らせなさい」と言われた。弟子たちは、そのようにして皆を座らせた。すると、イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで、それらのために賛美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡しては群衆に配らせた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二籠もあった。(ルカ9:11-17)

 「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言うイエスに、弟子たちは「わたしたちにはパン五つと魚二匹しかありません」と答えました。だから無理だということでしょう。しかし、イエスはパン五つと魚二匹を神に捧げ、感謝して人々と分かち合いました。ほんのわずかなパンと魚であっても、イエスは人々と分かち合わずにいられなかったのです。

 弟子たちはきっと、パンと魚を自分たちの食料として準備していたのでしょう。何千人もの人に食べさせることは不可能だから、自分たちだけで食べようと考えるのは、ある意味で自然だと思います。しかし、イエスはそうは考えませんでした。たとえわずかなパンであっても、お腹を空かせている人たち、救いを求めて自分のもとに集まって来た人たちと分かち合わずにいられなかったのです。パンを裂いて人々と分かち合うようイエスを駆り立てたもの、それはイエスの愛でした。たとえわずかな人にしか行きわたらなかったとしても、イエスはそのパンを人々と分かち合わずにはいられなかったのです。自分たちだけ食べて、人々に分かち合わないという選択肢は、イエスにはなかったのです。

 これは、とても考えさせられる話だと思います。教会の現状について話し合うとき、わたしたちはつい弟子たちと同じように、「もうこれしか司祭がいません。信徒もいません」、「もうこれしか若者がいません。高齢者も減っていく一方です」というような話しをしてしまいがちだからです。しかし、イエスはきっと、そんなわたしたちを見て嘆いておられることでしょう。もしいま、イエスがわたしたちの目の前にいれば、イエスはきっと、「高齢や病気などの理由で家から出るのが難しい人たちや、困難な情況の中で家族を支えている人たち、社会での競争に疲れた若者たちが、孤独の中で愛に飢えている。その人たちに、あなたたちが愛を配りなさい」と言われるに違いないと思います。イエスは、苦しんでいる人たちを放っておくことができない方。自分に差し出せるものがあるなら、たとえそれがわずかでも、差し出さずにはいられない方だからです。

 教会は「キリストの体」だと言われます。キリストが頭で、わたしたちはその体、キリストの手であり足であり、目であり、口なのです。「キリストの体」は、ただ人々を愛するためだけにある、人々に奉仕するためだけにある。そのことを忘れてはならないと思います。教会は、イエスの愛に満たされ、人々を愛するためだけに存在する共同体なのです。

 教会を自分たちだけのためにとっておく、教会を守ることだけを考えるという選択肢はないといってよいでしょう。もしそのような考え方をし、イエスの愛から離れてしまうなら、わたしたちは「キリストの体」でなくなり、ばらばらになって消え去ってしまうしかないからです。人々に配った結果何もなくなってしまったとしても、教会には配り続けるという選択肢しかないのです。わたしたちがいつも「キリストの体」として、ほんのわずかしかなくても、そのすべてを分かち合わずにいられないキリストの愛を生きることができるよう祈りましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(120)本当の成長

本当の成長

悪口を言って他人を低めると、
まるで自分が高くなったように感じます。
ですが、それは錯覚に過ぎません。
自分自身を高めることで、
周りの人たちも高みへと引き上げてゆく。
それが本当の成長です。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ120「本当の成長」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ120「本当の成長」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1031)信仰の道

信仰の道

 わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(ローマ5:1-5)

 「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」とパウロは言います。わたしたちの信仰の成長のプロセスを、見事に言い表した言葉だと思います。苦しみの中で、わたしたちの信仰は磨き上げられ、何があっても揺るがないほど堅固な信仰に育っていくのです。

 「苦難は忍耐を生む」とは、試練の中で、わたしたちは苦しみに耐える強さを身に着けるということでしょう。わたしは、イエズス会に入って最初に体験した、長束での修練を思い出します。修練に入ってすぐのころは、慣れない力仕事や草むしり、集団行動の苦しさに、耐えるのがなんとか精いっぱいでした。自分をこの道に導いてくださった神に信頼して、何とか苦しみを耐える。それが、信仰の第一段階だったといってよいでしょう。

 しばらくすると、苦しみに対する恐れが消え、落ち着きが生まれてきます。「どんなことがあっても、きっと何とかなる」という覚悟のようなものが生まれてくるのです。それが、「忍耐は練達を生む」という段階だと思います。まるで歴戦の兵士のように、どんな試練がやってきても、落ち着いて立ち向かい、乗り越えられるようになるのです。

 試練を乗り越える体験を繰り返すうちに、「試練の向こうには、これまでよりよいものが待っている」という確信が生まれてきます。落ち着いて試練を乗り越えるだけでなく、「この先に、何が待っているのだろう」と期待し、喜びさえ感じながら試練を乗り越えられるようになるのです。それが、「練達は希望を生む」ということだと思います。どんな試練がやって来たとしても、神さまはそれを乗り越える道を教えてくださるし、その試練を乗り越えた先には必ずこれまでよりよいものが待っている。いくつもの試練を乗り越える中で、わたしたちはそう確信できるようになるのです。

 では、試練を乗り越えるための力はどこから生まれるのでしょう。「希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです」とパウロは言います。聖霊によって絶えず注がれる神の愛こそが、試練を乗り越えていくための力になるのです。

 例えば、わたしはイエズス会の修練のあいだ、たびたび自然の美しさに励まされました。それは、聖霊がわたしの心の目を開き、自然を満たした神の愛に気づかせてくれたからでしょう。修練院の庭で、早朝の日課である体操をしているときに見上げた美しい朝焼け。日ごとに開花していく庭の桜の木。山肌を染めた新緑の美しさ。それらのものを見るたび感動に心が震え、「よし頑張ろう」と思えたのは、聖霊によってわたしの心が開かれ、わたしの心に神の愛が流れ込んだからに違いないのです。

 「父が持っておられるものはすべて、わたしのものである」とイエスがいう通り、わたしたちの心を満たす神の愛は、そのままイエスの愛でもあります。わたしたちが知っている神の愛は、すべてイエスを通してわたしたちに注がれるものなのです。こうしてわたしたちは、聖霊に目を開かれ、世界を満たしたキリストの愛、父なる神の愛に包まれて成長していきます。三位一体の愛の中で、信仰の道を力強く歩み続けることができるようお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(119)自分の立ち位置

自分の立ち位置

思い上がっては失敗して落ち込み、
また思い上がっては失敗して落ち込む。
そんなことを
何十回、何百回と繰り返しているうちに、
きっといつか、
高すぎもせず低すぎもしない
自分の立ち位置を見つけられるでしょう。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ119「自分の立ち位置」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ119「自分の立ち位置」ハガキ.JPG - Google ドライブ