バイブル・エッセイ(917)心に深く根を下ろす

f:id:hiroshisj:20200711220106j:plain

心に深く根を下ろす

その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のある者は聞きなさい。」(マタイ13:1-9)

 鳥に食べられたり、陽射しに焼かれたり、茨に押しつぶされたりした種もあったけれど、「ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった」とイエスは言います。よい土地に落ちた種は、その土地に深く根を下ろして水や養分を吸い上げ、大きく育ってたくさんの実を結ぶのです。

 蒔かれる種が、神さまの愛、イエス・キリストの言葉だとすれば、それが土地に深く根を張るとはどういうことでしょう。それは、神さまの愛を心の一番奥深くでしっかり受け止め、静かな喜びに満たされるということであり、その体験に基づいて、「イエスの言葉こそ、ずっとわたしが求めていたものだ。間違いない」と確信することだと思います。体験に裏打ちされた揺るがぬ確信こそが、何があっても揺るがぬ土台、種の成長を支える根になるのです。

 自分の心と対話し、根を深く下ろしてゆくプロセスの中で、石にぶつかったり、茨に覆われたりするような体験が起こることがあります。石とは、たとえば心の頑なさでしょう。ゆるしを説くイエスの教えを聞いても、「相手が悪いのに、なぜゆるさなければならないんだ」という頑なな思いにぶつかってそれ以上進まないというようなことが起こりがちなのです。そんなときは、石を砕く必要があります。「果して自分に落ち度はなかったのだろうか。相手には相手の事情があるのでは」と思い巡らすうちに、反省や相手への共感が心に生まれたなら、心の中の石は砕けてゆくでしょう。心の石を砕き、「ああ、わたしは頑なだった。ゆるすことでこんなに気持ちが楽になるなんて」という体験を積み重ねる中で、根は心の奥深くへと伸びてゆきます。

 茨とは、たとえば、わたしたちの心にはびこる物欲や虚栄心だと思います。「あれも欲しい、これも欲しい」とか、「人からよく見られたい。人の上に立ちたい」という思いは、一度、心の中に芽を出すと、どんどん成長して大きくなってゆき、み言葉の種を圧迫し始めます。そういった雑念が心の中に根を伸ばし、心に蓄えられた力を吸い取り始めると、み言葉の種の方に養分がいかなくなってしまうのです。そんなときは、茨を抜く必要があります。「自分にとって一番欲しいものは何だろうか。本当の幸せはどこにあるのだろう」と思い巡らすうちに、欲望を満たしても、それだけでは決して幸せになれないことに気づいたなら、そのとき心の中の茨は取り去られるでしょう。茨を取り去り、本当の幸せをかみしめる中で、根は心の奥深くに伸びてゆきます。

 渡辺和子さんが『置かれた場所で咲きなさい』の中で、「どうしても咲けないときもあります。そんなときは、...根を下へ下へと降ろして、根を張るのです」とおっしゃっています。外に出ることが難しいコロナ禍の時期は、根を張るために絶好の機会と言えるかもしれません。いま、根を深く下ろしておけば、収穫の季節が来たときには、何倍、何十倍もの実を結ぶことができるでしょう。コロナ禍の時期にしか咲かせられない花もあり、それを咲かせることも大切なのですが、同時に根を伸ばすことも大切にしたいと思います。心の大地に深く根を下ろし、実りの季節にたくさんの実を結ぶことができるよう、共にお祈りしましょう。

youtu.be

こころの道しるべ(20)幸せとは

f:id:hiroshisj:20200710184054j:plain

幸せとは

花に感動する心を持つ人は、
公園で美しい花と出会ったら、
心を震わせ、
その日を特別な日と思うでしょう。
花に興味がない人は、
同じ花を見ても気づかず、
「今日もつまらない日だった」
と言うかもしれません。
幸せとは、そのようなものです。

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ020「幸せとは」A3_01.JPG - Google ドライブ

ハガキ

道しるべ020「幸せとは」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(916)誰もが幼子

f:id:hiroshisj:20200704182746j:plain

誰もが幼子

「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11:25-30)

「これらのこと」、すなわち、神の子として生きる道、救いへの道を「知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました」とイエスは神に感謝します。「知恵ある者や賢い者」とは、勉強したり経験を積んだりする中で、自分には知恵がある。自分は賢いと思い込んでしまった人たちのことでしょう。このような人たちは、イエスの教えより自分たちの知恵や体験を重視するので、救いへの道になかなか入ることができません。自分がまだ何も知らないことを知り、謙虚な心で神の言葉に耳を傾ける人たち、すなわち「幼子のような者」にこそ救いへの道は開かれる。イエスはきっと、そう言いたいのでしょう。

「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい」という言葉も、同じメッセージ、つまり謙虚さこそが救いへの道であるというメッセージを語っています。「重荷を負う者」と言われていますが、謙虚さを欠いている人の場合、自分はあれもこれもできると思い込んでさまざまな仕事や役職に手を伸ばしたり、自分勝手な将来の計画を思い描いたりするけれど、なかなかうまくゆかない。結果として、ストレスや不安、恐れ、嫉妬などさまざまな重荷を背負い込み、押しつぶされてしまうということが起こりがちなのです。謙虚な人は、神さまが与えてくださる、自分の力に見合った荷物を喜んで軽々と背負い、傲慢な人は、自分で背負い込んだ重過ぎる荷物を、不満を言いながら背負う。そう言ってもいいかもしれません。

 コロナ禍の中で起こるさまざまなトラブルについても、背負い込み方は人によってずいぶん違うように思います。「知恵のある者や賢い者」は、ついこれまでの自分の知識や体験に頼ってしまいがちです。どうしたら自分が慣れ親しんだ元通りの生活を取り戻し、元通りのやり方でやってゆけるかということばかり考え、なかなか元通りにならないことから苛立ちや不安を募らせてく。そのようなことが起こりがちなのです。変化に抗い、自分にとって都合のよい安定を築き上げようとする傲慢が、どんどん重荷を増やしてゆくと言ってもいいでしょう。

 それに対して、「幼子のような者」は、どんどん変わってゆく現実を、穏やかな心で受け止めます。「この変化を通して、主よ、あなたはわたしに何を語っておられるのでしょうか」と日々祈り、その日、その日に神さまが与えてくださる小さな荷物だけを背負うのです。「どんな変化が起こったとしても、神さまがすべてを一番よくしてくださる」と信じているので、将来への不安や恐れの重荷に押しつぶされることもありません。「幼子のような者」は、謙虚な心で神の前に跪き、日々、神から与えられた使命を果たしてゆくうちに、いつの間にか試練を乗り越えてしまうのです。

 変化してゆく世界の中で、これまでの知識や体験は役に立たないことが多い。そのことをしっかり胸に刻む必要があるでしょう。コロナ禍の時代にあっては、誰もが、何も知らない「幼子のような者」なのです。謙虚な心で変化と向かい合い、神さまの導きに従ってこの時代を生き抜くことができるよう祈りましょう。

youtu.be

 

こころの道しるべ(19)悪に打ち勝つ

f:id:hiroshisj:20200701114849j:plain

悪に打ち勝つ

愛だけが、悪に打ち勝つ唯一の力。
ところが悪を恐れると、
自分を守ることしか考えられなくなり、
人を愛せなくなってしまいます。
恐れさせ、わたしたちを分断して
力を奪おうとする悪の作戦に乗らず、
愛の力で悪に立ち向かえますように。

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ019「悪に打ち勝つ」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ

道しるべ019「悪に打ち勝つ」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(915)誰よりもイエスを

f:id:hiroshisj:20200628072129j:plain

誰よりもイエスを

「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。」「あなたがたを受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わたしを遣わされた方を受け入れるのである。預言者を預言者として受け入れる人は、預言者と同じ報いを受け、正しい者を正しい者として受け入れる人は、正しい者と同じ報いを受ける。はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」(マタイ10:37-42)

「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない」とイエスは言います。イエスを愛するよりも、家族を愛するなら、その人はイエスの弟子としてふさわしくないというのです。そればかりか、「自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得る」というのですから、イエスを愛するより自分自身を愛する者は、イエスの弟子としてふさわしくないということでしょう。家族よりも、自分自身よりもイエスを愛する者だけが、イエスの弟子にふさわしいということです。

「おや、では互いに愛し合うなということか。言ってることが矛盾してる」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。他の誰よりもイエスを愛し、イエスのために自分のすべてを差し出した人だけが、真の意味で家族を、自分を愛せるということです。自分の子どもを愛することを例にして考えてみましょう。「わたしは誰よりもお前を愛している。イエス様よりもお前の方が大事だ」という愛は、果して本当の愛でしょうか。そのような愛は、他人なんかどうでもいい。うちの子どもさえよければいいんだというような、どこか歪んだ愛になってゆくような気がします。それは、愛というよりもむしろ執着に近いでしょう。そんな愛し方をされたら、子どもは窮屈に感じるのではないでしょうか。賢明な子どもであれば、「ぼくよりも、もっと大切なものがあるはずだよ」と親に言いたくなるに違いありません。

 むしろ、自分の子どもさえイエスに差し出し、「この子は、イエスさまからお預かりした宝物」という気持ちで育てるとき、わたしたちは子どもを本当の意味で愛せるようになります。子どもへの執着を手放し、「イエスさまは、この子のためにご計画をお持ちだ。この子がイエスさまから与えられた使命を果たすことができるよう、この子をしっかり支えよう」と思う。そのような親のもとで、子どもは神の子として、自分らしくのびのびと育ってゆくことができます。それこそが、親の愛のあるべき姿でしょう。子どもを愛するとは、子どもを自分の思った通りに育てることではなく、神のみ旨のままに育てることなのです。配偶者や他の家族についても、まったく同じことが当てはまるでしょう。神の前に差し出し、神からお預かりしたものとして愛するとき、わたしたちは本当の意味で家族を愛することができるのです。

 自分自身についても同じことが言えます。「イエス様より自分が大事」と考え、「自分さえよければなにをしてもいい」というのでは、自分を愛していることになりません。むしろ、そのようなわがまま勝手な行動をとれば、わたしたちは自分で自分を駄目にしてしまうでしょう。イエスに自分のすべてを差し出し、神のみ旨のままに生きること。自分を捨て「自分の十字架を担ってイエスに従う」ことこそが、本当の意味で自分を大事にするということであり、自分を愛するということなのです。イエスを誰よりも愛することによって、家族や隣人、そして自分自身を本当の意味で愛することができますように。

youtu.be

こころの道しるべ(18)いま出来ることを

f:id:hiroshisj:20200623211148j:plain

いま出来ることを

過去にしていたことを、
いま出来る範囲でやろうと思えば、
決して過去を越えられません。
いましか出来ないことを見つけ、
全力で取り組めば、
過去より素晴らしいことができるでしょう。
過去に縛られず、
いましか出来ないことを探しましょう。

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ018「いま出来ることを」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ

道しるべ018「いま出来ることを」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(914)人を恐れるな

f:id:hiroshisj:20200621073509j:plain

人を恐れるな

「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」(マタイ10:26-31)

「人々を恐れてはならない」とイエスは言います。宣教の旅に出れば、必ず人々の反対にあうだろう。迫害され、殺されてしまうかもしれない。だが、恐れるな。恐れずに、宣教せよ。恐れずに、神から与えられた使命を果たせ、ということでしょう。

 この言葉は、現代の日本において神から派遣され、宣教の使命を与えられたわたしたちも、深く心に刻むべき言葉だと思います。確かに、現代の日本において、宗教を理由に迫害されることはあまりないでしょう。ですが、わたしたちが神から与えられた使命を果たすこと、力強く福音を告げ知らせ、貧しい人々、苦しんでいる人々に寄り添おうとすることを、よく思わない人は必ず出てきます。批判されたり、悪口を言われたりすることも、覚悟しておかなければなりません。

 大切なのは、そんなときに、批判したり悪口を言ったりする人たちを恐れないことです。人を恐れるとき、わたしたちの心には相手に対する怒りや憎しみが生まれてきます。自分の存在を脅かす相手に何とか報復してやろう。邪魔なあいつを葬り去ってやろう、というようなことばかり考えるようになり、相手のことが頭から離れなくなってしまうのです。それでは、神から与えられた使命を果たすことはできません。愛とゆるしの福音を説くべき人間が、本来の使命を忘れて怒りや憎しみに呑み込まれてしまえば、もう何の役にも立たないのです。人を恐れるな。恐れれば、もはや宣教者としての使命を果たせなくなる。イエスが言いたかったのは、そういうことでしょう。

 実際、恐れる必要は何もありません。相手の言うことが正しければ、わたしたちの活動は遅かれ早かれうまくゆかなくなるでしょう。相手の言うことにも一理あると気づいた時は、謙虚に悔い改め、やり方を変えるべきです。相手の言うことが見当外れなら、放って置けば済むことです。かえって、言っている相手の方が信用を失い、誰からも相手にされなくなってゆくでしょう。いずれにしても、怒りや憎しみの炎を燃やす必要はどこにもありません。もし相手が悪意でわたしたちの活動を妨害しようとしているなら、むきになって反論したり、報復したりするのは、かえって相手の思うつぼです。相手の悪意を心にとめず、自分に与えられた使命をより一層熱心に果たす。そうすることで、人々の信頼を勝ち取ってゆく。それが、批判や悪口に対する最も効果的な対処方法だとわたしは思っています。

「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな」とさえ、イエスは言っています。もしかすると、相手はわたしたちに悪意を燃やし、命を奪おうとするかもしれません。そんな場合でも、決して恐れてはいけない。恐れて、怒りや憎しみの虜になってはいけないと言うのです。与えられた使命を果たして殉教するなら、それは天の父の元に帰るだけのこと。イエス自身、きっとそこまでの覚悟だったのでしょう。わたしたちにも、同じ覚悟が求められていることを、改めて肝に銘じる必要があります。恐れずに、最後の瞬間まで使命を果たしぬくことができるよう共に祈りましょう。

youtu.be