バイブル・エッセイ(1067)「升」を取り去る

「升」を取り去る

「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」(マタイ5:13-16)

 「あなたがたは世の光である。あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい」とイエスはいいます。とても励まされる言葉ですが、中には、「わたしが光だなんてとんでもない。そんな大したことはできません」という人もいるでしょう。イエスがいう「あなたがたの光」とはいったいどういうことなのでしょう。

 わたしたちが輝かせる光について、イザヤ書に次のように書いてあります。「飢えた人にあなたのパンを裂き与え、さまよう貧しい人を家に招き入れ、裸の人に会えば衣を着せかけ、同胞に助けを惜しまないこと。そうすれば、あなたの光は曙のように射し出でる」というのです。この言葉は、わたしたちが輝かせる光とは、愛の光であることを教えてくれます。人々のために自分を喜んで差し出すとき、わたしたちから愛の光が輝き出し、周りの人々を照らすというのです。

 わたしたちの心の奥深くには、生まれながらに愛の火がともされているということを忘れないようにしたいと思います。わたしたちの心の中には、誰でも生まれながらに神さまの愛が宿っており、それがわたしたちを生かす光としていつも燃えているのです。その火は、愛を行動に移したときに一層大きく燃え上がります。いつもは心の中にあってよく見えないその火が、周りの人たちにもはっきり見える火、周りの人たちの心を暖め励ますほど大きな火になるのです。

 燃え上がった愛の火は、周りの人の心を照らすだけではありません。惜しみなく自分を差し出すことで、誰かのために何か少しでも役に立つことができたとき、「ああ、この人のために役に立ててよかった。こんな自分でも、誰かを幸せにできるんだ」という喜びが、わたしたちの心に湧き上がります。心に灯った愛の火が、喜びとなって大きく燃え上がるのです。燃え上がった愛の火は、周りの人を照らす光であると同時に、自分自身を照らす光でもあるのです。

 心にともされた愛の火を、「升の下」に置いてはならないとイエスはいいます。ここでいう「升」とは、愛の火を覆い隠すものだと考えたらよいでしょう。「自分さえよければいい。人のことまで構っていられない」というような自分中心の考え方こそ、わたしたちの心を覆う「升」なのです。「升」に隠されていても、愛の火が消えてしまうことはありません。心の奥深くで、熾火のように燃え続けています。そして、「升」が取り去られたとき、わたしたちが自分中心の考え方を捨て、困っている人たちのために自分を差し出したとき、大きな炎となって燃え上がり、周りの人たちの心を、そして自分自身の心を照らすのです。

 せっかく神さまがともしてくださった愛の火を、「升」の下に隠しておくのはもったいないことです。この愛の火こそ、わたしたちの命の火であり、この火が燃え上がるときにこそ、わたしたちの人生は光り輝くのです。「自分さえよければいい」という考え方の「升」を取り去り、人々の前に愛の光を輝かせることができるよう、心を合わせてお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

 

こころの道しるべ(153)自分との和解

自分との和解

どんなに高く登っても、
幸せにはたどり着けません。
上にはさらに上があり、
どこまでもきりがないからです。
幸せを目指すなら、
低いところに下りましょう。
自分の弱さを受け入れ、
あるがままの自分と和解できたなら、
そのとき心は満たされるでしょう。

『やさしさの贈り物~日々に寄り添う言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 道しるべ153「自分との和解」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 道しるべ153「自分との和解」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1066)幸いとは何か

幸いとは何か

 イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」(マタイ5:1-12a) 

 「心の貧しい人々は、幸いである」という力強い宣言から始めて、イエスが真の幸いについて語る場面が読まれました。これらすべてに共通しているのは、神の愛を信じて生きる者には必ずよいことが起こる。わたしたちの幸せは、神の愛を信じることから始まるということです。

 では、神の愛を信じるとはどういうことでしょう。それは、逆に言えば、自分の力を過信しないということです。「心の貧しい人」は、自分が優れた能力や知恵を持っていないことを知っているので、自分の力を誇らず、ただ神の愛のみを信じて生きます。「悲しむ人」「柔和な人」「義に飢え渇く人」などについても、同じことがいえるでしょう。その人たちは、自分の力の限界に直面して打ちのめされ、ただ神の愛だけに最後の希望を置いて生きる人たちなのです。そのような人たちこそ幸いだとイエスはいいます。

 幸せというと、世間一般では、人から気に入られるための知恵を身につけ、賢くふるまって金持ちになること、高い地位に着くことなどを意味する場合が多いようです。しかし、現実には、金持ちになったり、権力を握ったりすることで、かえって不幸になる人が多いのです。財産や権力を手にすることによって思い上がり、周りの人たちを見下すようになる。自分の思った通りになるのが当然と考え、思った通りにならなければ腹を立てる。財産や権力を失うことを恐れ、周りの人たちを疑う。そのようなことで、財産や権力を手に入れれば入れるほど愛から遠ざかり、不幸になっていく人が多いのです。だからこそイエスはあえて、それとまったく逆のことを言ったのだと思います。「心の貧しい人」「悲しむ人」「義に飢え渇く人」の方が、かえって幸せに近いのです。

 神さまは、あえて「無学な者や無力な者」を選んで弟子とした。それは、「だれ一人、神の前で誇ることがないようにするため」だったとパウロは書簡に記しています。神の前で自分を誇ることから、人間の不幸が始まる。人間の幸せは、自分の力の限界を認め、そんな自分でさえ愛してくださる神に感謝して生きることの中にある。そのことをはっきり知らせるために、神さまはあえて、自分を誇ることができない「無学な者や無力な者」を選んで弟子にしたということです。

 キリストやパウロが示す幸せと、世間一般でいう幸せ、わたしたちはどちらを選ぶでしょうか。「もちろんキリストの幸せだ」というかもしれませんが、実際には、日々の生活の中で「なんて自分は不幸なのだ。お金もないし地位もない」などといって嘆いている、それが人間の現実だろうと思います。わたしたちの本当の幸せは、こんなわたしであっても、神さまが愛してくださっていることに気づき、神さまに感謝して生きること。神さまに感謝し、互いに愛し合って生きることの中にこそある。そのことを忘れず、いつも本当の幸せを目指して生きてゆくことができるよう、心を合わせてお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(152)自然な姿

自然な姿

自分は汚れていると思えば、
自分の目に映るすべてのものも
汚れて見えるでしょう。
たとえ汚れていたとしても、
それが人間として自然な姿であり、
それはそれで美しいのだと思えれば、
目に映るすべてのものも
美しく見えるはずです。

『やさしさの贈り物~日々に寄り添う言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 道しるべ152「自然な姿」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 道しるべ152「自然な姿」ハガキ.JPG - Google ドライブ

 

バイブル・エッセイ(1065)悔い改めの福音

悔い改めの福音

 イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた。そして、ナザレを離れ、ゼブルンとナフタリの地方にある湖畔の町カファルナウムに来て住まわれた。それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。「ゼブルンの地とナフタリの地、湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。」そのときから、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた。(マタイ4:12-17)

「暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ」というイザヤの預言が実現し、イエスがガリラヤの地で宣教を始める場面が読まれました。イエスの第一声は、「悔い改めよ。天の国は近づいた」という言葉だったとマタイ福音書は伝えています。この一言が、一筋のまばゆい光のように人々の心に射し込み、絶望の闇に沈んだ人々の心を照らしたというのです。

 「悔い改めよ。天の国は近づいた」という言葉は、異邦人、罪人と見なされ、神の救いから遠ざけられていた人々にとって本当に大きな喜びの知らせだったと思います。「悔い改めよ。天の国は近づいた」というのは、すなわち、「あなたたちも、悔い改めさえすれば天国に迎え入れられる。異邦人も罪人も関係ない。悔い改めさえすれば、すべての人が救われる」という力強い宣言だからです。生まれや職業のゆえに差別され、「自分たちは救われない、自分たちの人生には価値がない」と思い込まされていた人たちは、この言葉を聞いてどれほど喜んだことでしょう。「こんなわたしでも、悔い改めさえすれば救われる」と信じたとき、人々の心は大きな希望で満たされました。絶望の闇の中に沈んでいた人たちの人生に、大きな希望の光が射し込んだのです。

 「悔い改めよ」という言葉は、わたしたちを脅かすためのものではありません。「悔い改めなければ救われない」ということではなく、「悔い改めさえすれば救われる」ということなのであり、まさに喜びの知らせなのです。「悔い改めさえすれば、あなたも、わたしも、みな救われる。誰もがかけがえのない神の子なのだ」、イエスの宣教の第一声には、そのような思いが込められていました。

 この同じ声が、今日、わたしたちの上にも響きます。もしかすると、わたしたちの中にも、「こんな自分は救われる価値がない」とか「自分の人生には意味がない」と思っている人がいるかもしれません。わたし自身の中にも、多かれ少なかれそういう思いはあります。しかし、そんなことはないのです。悔い改めさえすれば、悔い改めて神の愛に心を開きさえすれば、誰もが神の子として喜びに満ちた日々を生きることができるのです。

 「でも、その『悔い改める』というのが難しいんですよ」という人がいるかもしれません。そんなに難しく考える必要はないでしょう。悔い改めるために必要なことはただ一つ、「自分は神さまから愛されている」と信じることだけなのです。「こんなわたしでも、神さまは見捨てないんだ。わたしは神さまから愛されている」と信じるとき、わたしたちの心は喜びで満たされます。その喜びは、あたたかな笑顔ややさしい言葉、親切な行いとなってわたしたちから流れ出し、わたしたちの周りの人たちの心も満たしてゆくでしょう。それが悔い改めなのです。

 「悔い改めよ」という言葉を今日も聞くことができた。そのこと自体に救いがあるといってよいでしょう。イエスの言葉を心に深く刻み、神の子としてふさわしく生きることができるように、互いに愛しあって生きる天国をこの地上に実現することができるように、心をあわせてお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

 

こころの道しるべ(151)本当に強いのは

本当に強いのは

怒りや憎しみ、傲慢は、
大きな力で相手を打ち砕きますが、
歯止めが利かないために自滅します。
ゆるしやいたわり、謙虚さは、
大きなぬくもりですべてを包み込み、
どこまでも成長してゆきます。
本当に強いのは、
ゆるしやいたわり、謙虚さなのです。

『やさしさの贈り物~日々に寄り添う言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 道しるべ151「本当に強いのは」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 道しるべ151「本当に強いのは」ハガキ.JPG - Google ドライブ

【グレーテルのかまど・再放送】

グレーテルのかまど・再放送

昨年放送されて好評だったNHKの番組『グレーテルのかまど~マザー・テレサのチョコレート』の回が、下記の通り再放送されるそうです。カトリック宇部教会で撮影された片柳神父へのインタビューの場面もところどころに入っていますので、ぜひご覧ください。

 

1月30日(月)22時00分〜Eテレ

1月31日(火)1時05分〜NHKワールドプレミアム

2月 1日(水)11時05分〜総合

2月 3日(金)13時05分〜Eテレ