バイブル・エッセイ(1008)解放の福音

f:id:hiroshisj:20220123145059j:plain

解放の福音

 イエスはお育ちになったナザレに来て、いつものとおり安息日に会堂に入り、聖書を朗読しようとしてお立ちになった。預言者イザヤの巻物が渡され、お開きになると、次のように書いてある個所が目に留まった。「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を告げ知らせるために、主がわたしに油を注がれたからである。主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである。」
イエスは巻物を巻き、係の者に返して席に座られた。会堂にいるすべての人の目がイエスに注がれていた。そこでイエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。(ルカ4:14-21)

 イエスは、イザヤの巻物を読み上げると、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と人々に告げました。イエスが、霊に満たされて力強く語っているということ自体が、イザヤの言葉の実現だという意味にも取れますし、イエスの言葉によって、実際に人々が苦しみから解放されているという意味にも取れるでしょう。いずれにしても、会堂に集まった人々は、聖書の言葉をただ聞いただけではなく、聖書の言葉が実現するのを見たのです。

 わたし自身は、聖書の言葉が読み上げられるたびごとに、わたし自身の中に解放が実現するのを感じます。何からの解放かと言えば、人生の意味への疑いや、さまざまな執着が生み出す心の乱れからの解放です。たとえば、日々の忙しい生活の中で、ふと「こんなことの繰り返しのために、一生を費やしてしまっていいのだろうか」というような疑問が湧いてくることがあります。幼稚園の子どもたちに話したり、信者さんたちのために説教やら講座やら色々準備したり、それはそれでやりがいのあることなのですが、ときどきふっと、「他にもっとやるべきことがあるのではないか」というような気持ちになることがあるのです。

 これは、心の疲れにつけこんだ、悪魔の巧妙な誘惑だと思います。どこで何をするにしても、苦しんでいる人、助けを求めている人たちのために自分を捧げるということ以上に大きな仕事、大切な仕事などありません。しかし、悪魔はわたしたちを世俗の価値観に誘い込み、人から注目される仕事、高く評価される仕事を大きな仕事だと思い込ませるのです。もしわたしが、「こんなことをしていてもだめだ、もっと大きなことをしよう」と考え、日々の仕事をおろそかにするようになれば、悪魔の大勝利と言えるでしょう。

 聖書の言葉は、わたしたちを、このような悪魔の誘惑から解放してくれます。人生の価値は、どれだけ人から評価されたかではなく、どれだけ人を愛したかによって決まるということ。わたしたち一人ひとりが神の子であり、かけがえのない命だということを思い出すとき、人生の意味についての疑問は消え去り、心は喜びと力に満たされるのです。イエスの言葉は、まさに解放の福音だと言ってよいでしょう。

 いま、わたし自身のこととしてお話しましたが、わたしのところに相談に来られる方の中にも、同じような悩みを抱えている方が多いように思います。地位や名声、財力などを手にした人間に価値があるという世間の価値観に閉じ込められ、「神の子」としての自分の本当の価値を忘れてしまっている。世間に評価されることが自分の幸せだと思い込み、家族や友人から愛され、家族や友人を愛して生きることの幸せに気づけなくなっている。そんなことが多いのです。イエスは、わたしたちをそんな囚われから解放するために来られました。聖書の言葉に素直に心を開くなら、その解放は、聖書の言葉を聞いたいまこの時に実現するでしょう。聖書の言葉の実現を目の当たりにし、聖書の言葉の実現を人々に力強く伝えることができるよう、心を合わせてお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(101)必要とされている

f:id:hiroshisj:20220121120823j:plain

必要とされている

人生の意味を探すとは、
自分にどんな力があり、
それをどう使えば
人を幸せにできるのか探すこと。
誰かから必要とされている、
自分の存在を
喜んでくれる人がいるという実感が、
わたしたちの人生に意味を与えるのです。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ101「必要とされている」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ101「必要とされている」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1007)最大限の祝福

f:id:hiroshisj:20220116141527j:plain

最大限の祝福

 三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」と言われた。召し使いたちは運んで行った。世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。(ヨハネ2:1-11)

 イエスの最初の奇跡は、カナの婚宴の席で、水をぶどう酒に変えたことだと言われています。イエスの最初の奇跡は、結婚したばかりの若い夫婦を祝福するための奇跡だったのです。しかも、イエスが準備したぶどう酒はただのぶどう酒ではありませんでした。結婚式の世話役が「あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました」というほど上等なぶどう酒だったのです。イエスは、結婚した2人に、最大限の祝福を贈ったと言ってよいでしょう。

 イエスの愛は、人間の悲しみや苦しみに目を止め、わたしたちを憐れんでくださることだけではありません。イエスは、わたしたちの喜びも共に喜んでくださる方。わたしたちの喜びを、最大限の祝福で祝ってくださる方なのです。たとえば、誕生日を気づいてくれる人が誰もおらず、誰も祝ってくれなかったとしても、イエスは気づいて最大限に祝ってくださいます。イエスだけはわたしたちのそばに寄り添い、「あなたが生まれてきてくれて本当によかった。あなたがいてくれて本当にうれしい。あなたにも、あなたを生んでくれたお母さん、育ててくれた家族にも豊かに恵みがあるように」と祝ってくださいます。何かうれしいことがあるのに、その喜びを分かち合う人が誰もいない。イエスは、そんなわたしたちにやさしく寄り添ってくださる方。わたしたちの喜びを共に分かち合い、最大限の祝福を注いでくださる方なのです。

 パウロは「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」と言っていますが、誰かを愛するときには、共に喜ぶことも大切です。もし相手を自分のことのように大切に思っているなら、相手の喜びを自分のことのように喜ぶのは当然だからです。しかし、相手と一緒に喜ぶのは、それほど簡単なことではありません。なぜなら、相手にとてもよいことがあった場合、嫉妬心が生まれることがあるからです。「なんだ、あいつだけ幸せになりやがって。それに比べてわたしは…」などと考えて、やっていられない気持ちになる。人間には、そんな心の動きも起こりがちなのです。相手の苦しみを共に担うためだけでなく、相手と一緒に喜ぶためにも、自分のことをすっかり忘れるほどの愛、自分を捨てるほどの愛が必要だと言ってよいでしょう。「この人の幸せそうな顔が見られて本当にうれしい」、心がそんな喜びに満たされたときにだけ、わたしたちは相手を心の底から祝福できるのです。

 愛し合うとは、互いが互いの幸せを心の底から願うことだと言ってよいかもしれません。相手の幸せはわたしの幸せであり、わたしの幸せは相手の幸せでもあるような関係があるなら、その人たちの間には確かに愛があるのです。仮に相手の悲しみを共に悲しむことができたとしても、相手の喜びを共に喜ぶことが出来ないなら、それは単に相手より自分を上に置きたい、同情することで自分の優位を確認したいというだけかもしれません。カナの婚宴で若い夫婦を最大限に祝福したイエスにならい、わたしたちも誰かの喜びを自分の喜びとして喜び、その人に最大限の祝福を贈ることができるよう祈りましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(100)世界という舞台

f:id:hiroshisj:20220112095655j:plain

世界という舞台

世界は一つの大きな舞台。
わたしたちは神さまに選ばれて
その舞台に立つ役者。
大切なのは、
自分が目立つことではありません。
与えられた役を、精一杯に演じること。
みんなで力を合わせてよりよい舞台、
よりよい世界を作りあげることです。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ100「世界という舞台」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ100「世界という舞台」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1006)神の子として生きる

f:id:hiroshisj:20220108094956j:plain

神の子として生きる

 そのとき、民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。そこで、ヨハネは皆に向かって言った。「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。(ルカ3:15-16、21-22)

 洗礼を受けたイエスが祈っていると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が天から聞こえたとルカは記しています。このとき、イエスは一体、何を祈っていたのでしょう。洗礼を受けることによって自分の人生に一つの区切りをつけたイエスは、神に何を問いかけ、何を願っていたのでしょう。

 さまざまな可能性がありますが、わたしはきっと、イエスの心の中にまだ迷いがあったのだと思います。洗礼を受けたとき、イエスはきっと、自分がメシアであることに気づいていたでしょう。しかし、同時に一人の青年として、「こんなわたしが、本当に神の子、メシアなのか。人々を救うことができるのか」という思いもあったはずです。それは、人間として当然のことだと思います。

 真摯に祈り求めるイエスに、父なる神は「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と声をかけました。「まだ信じられないかもしれないが、あなたは間違いなくわたしの子、メシアだ。人間としての弱さや欠点を抱えながら、それでもわたしの御旨のままに生きようとして祈り続けるあなたは、間違いなくわたしの心に適っている」。父なる神は、きっと、イエスにそう伝えたかったのでしょう。この言葉を聞いたとき、イエスの中に、「こんなわたしでも、父なる神は愛してくださる。父なる神の守りと導きを信じて、メシアとしての役割を果たそう」という思いが生まれた。わたしは、そんな風に想像します。こうして、謙虚な心で父なる神に自分を差し出し、父なる神の力に満たされて人々を救うわたしたちのメシア、イエス・キリストが誕生したのです。

「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という言葉は、迷っているわたしたちに聖霊が降るとき、必ずわたしたちの心に響く言葉。父なる神が、人間に一番伝えたいメッセージだとわたしは思います。あるがままの自分を神に差し出す真摯な祈りの中で、わたしたちの心を聖霊が満たすとき、この言葉がわたしたちの心にも響きます。ご自身も神であるイエスとは次元が違いますが、わたしたちも皆、神によって創られ、生まれてきた者として神の子であり、神に愛されているのです。

 そのことに気づくとき、わたしたちの心に、「こんな罪深いわたしでも、父なる神は愛してくださる。父なる神の守りと導きを信じ、神の子として生きてゆこう」という思いが生まれます。イエスにメシアとしての役割が与えられていたように、わたしたちも一人ひとり、神の子として貴い使命を与えられ、この世界に生まれてきました。「こんなわたしに、そんな大切な使命を果たす資格があるだろうか」などと迷う必要はありません。ただ、神の守りと導きを信じ、謙虚な心でその使命を果たせばよいのです。

 謙虚な心で神の前にひざまずき、祈り続ける限り、わたしたちが父なる神の御旨から外れることはありません。わたしたちの前に立って進むイエスの模範にならい、わたしたちも父の御旨を果たすために動き始めることができるよう、心を合わせてお祈りしましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

こころの道しるべ(99)本当の偉大さ

f:id:hiroshisj:20220107104314j:plain

本当の偉大さ

本当に偉大なのは、
はなばなしい成功によって
ひと時の脚光を浴びる人ではなく、
普通の人生を
当たり前のように
最後までまっとうできる人。
一度も転ばない人ではなく、
転ぶたびごとに立ち上がって
歩き続けられる人です。

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』(教文館刊)

※このカードはこちらからJPEGでダウンロードできます⇒

A3 

道しるべ099「本当の偉大さ」A3.JPG - Google ドライブ

ハガキ 

道しるべ099「本当の偉大さ」ハガキ.JPG - Google ドライブ

バイブル・エッセイ(1005)地上に輝く星

f:id:hiroshisj:20220101174139j:plain

地上に輝く星

 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で 決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民 イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。(マタイ2:1-12)

 占星術の学者たちは、幼子のいる場所の上に輝く「その星を見て喜びにあふれた」とマタイ福音書は記しています。異邦人である学者たちの心さえも喜びで満たす光、それはまさにキリストの光でした。その光を見たとき、学者たちは、行く手にどんな困難が待ち受けていたとしても、なんとかしてその光に近づきたいと思ったのです。

 人々の心を魅了し、あらゆる困難を乗り越えて惹きつけるキリストの光。それは、あらゆる人を「神の子」として愛し、受け入れるぬくもりの光。すべての人に生きる力を注ぐ希望の光だと言ってよいでしょう。キリストと出会った貧しい人々、差別され、社会の片隅に追いやられて苦しんでいた人々は、イエスの中にその光を見つけ出しました。イエスと出会い、その慈しみ深い瞳で見つめられたとき、イエスの手のぬくもりに触れ、体から痛みが消えてゆくのを感じたとき、イエスの中にその光を見つけ出したのです。そのとき、「自分なんか生きていても仕方がない」とさえ思いつめていた人の心に、「もう一度頑張ってみよう。この人のあとについてゆこう」という希望が生まれました。キリストの光と出会って生きる力を取り戻し、自分たちを導くように進むその光に向かって歩き始めた人たちの群れ。それが初代の教会だったと言ってよいでしょう。

 キリスト教の宣教というのは、まさにこのことに尽きると思います。教会をきらびやかに飾りたて、豪華な装飾品を並べても、地上の権威と結びつき、この世の栄光で人々を引き寄せようとしても、それだけでは決して、人々の心をキリストに引き寄せることはできないのです。街角に立って、「キリスト教はすごい宗教なんです。世界中の何億人が信じています」などと叫んでも、それだけで人々を教会に集めることはできないのです。わたしたちにできるのは、ただ苦しんでいる人たちのところに出かけていき、その人たちの苦しみに寄り添うことだけ。わたしたちの心に宿った愛、わたしたちのうちにおられるキリストよって、人々の心に希望をもたらすことだけなのです。

 そのような宣教は、決して効率のよいものではありません。一年かけても、教会に来てくれる人はほんの数人。あるいは、誰も来てくれないことだってありうるでしょう。しかし、わたしたちに与えられた方法は、それ以外にないのです。偽物の光、地上の豊かさや名誉などに惹かれて集まってくる人がいたとしても、そのような人たちはすぐにどこかにいなくなってしまうでしょう。「この教えは、わたしを絶望の闇から救い出してくれた。死すら考えていたわたしに、もう一度生きる力を与えてくれた」、そのような体験を持った人だけが、何年も、何十年も、雨の日も雪の日も日曜日のミサに出席し、自分の生涯をかけて教会を支える信徒になってゆくのです。

 もしいま、教会に新しくやって来る人が少なくなっているなら、わたしたちは自分自身を見つめ直す必要があります。わたしたちは、果たしてキリストの光を輝かせているでしょうか。苦しんでいる人たちのもとに出かけていき、その人たちの苦しみに寄り添っているでしょうか。イザヤは、「起きよ、光を放て」とわたしたちに語りかけています。キリストの光を輝かし、人々の心を照らす地上の星になること。それこそ、わたしたちの使命なのです。その使命を果たすための恵みと力を、心を合わせて神に願いましょう。

youtu.be

※バイブル・エッセイが本になりました。『あなたはわたしの愛する子~心にひびく聖書の言葉』(教文館刊)、全国のキリスト教書店で発売中。どうぞお役立てください。

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp