《『愛する子どもたちへ〜マザー・テレサの遺言』増刷》


シスターたちの誓願式を前にして祈るマザー・テレサ。1994年5月、カルカッタ、聖マリア小教区にて。Copy Right: 片柳弘史
『愛する子どもたちへ〜マザー・テレサの遺言』増刷

 2001年4月に発売されて以来、マザー・テレサのメッセージを日本のすみずみにまで届けるための道具として活躍してくれている本『愛する子どもたちへ〜マザー・テレサの遺言』が、このたび増刷されるとの知らせがありました。今年で11歳になり、本としてはだいぶ長生きの部類に入ってきましたが、まだまだ元気に働いてくれているようで何よりです。今回の増刷で、総部数が17,000部を越えたとも聞きました。
 11年前、「あとがき」に「この本を通して多くの方が、決してわたしたちを見捨てることのないイエス・キリストと出会うことを願っている」と書きましたが、その願いは今も変わりません。マザー・テレサの言葉と姿から溢れだす愛の温もりを感じるとき、わたしたちはその温もり向こう側にイエス・キリストの確かな息遣いを感じるでしょう。ですから、この本はマザー・テレサの本であると同時に、イエス・キリストの本なのです。
 クリスチャンの方には、マザー・テレサのメッセージと姿を通してより深くイエス・キリストと出会うため、そうでない方には、永遠の救いに至る道の入り口としてこの本をお読みいただければと思います。この本を、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
《入手方法》
全国のカトリック系書店とAmazonなどのオンライン・ショップでお求めになれます。定価840円(税込)。
ドン・ボスコ http://www.donboscosha.com/product/674
女子パウロ http://shop-pauline.jp/?pid=2194052
サン・パウロ http://www.paulus.jp/product/1944
Amazon http://ow.ly/8QN8s